マウスピースでの矯正

取外し可能な透明のマウスピースで歯列矯正を行う人がここ数年で増えてきているといいます。黙っていれば周りの人々に気づかれる可能性がほとんどないことが人気の理由となっているそうです。

しかし、ある歯科医は透明なマウスピースは誰でも使えるわけではないと語ります。この医師によると、歯並びにでこぼこがあまりなく、歯の移動距離が短い人でないとうまく機能しないそうです。抜歯が必要な人の場合は避けることが多いといいます。

このマウスピースでの矯正では、まずは歯の動かしたい位置を定めます。その後、マウスピースを一日20時間以上つけてもらい、歯を移動させます。歯が予定の位置まできたら、次の目標位置に導くマウスピースを装着します。こうして何度もマウスピースを換えていって少しずつ歯を移動させていくのです。

マウスピース矯正のメリットは違和感が少ないこと、発音が変わらないこと、そして取り外しができることです。しかし、取り外し可能であることは、デメリットにもなりかねません。矯正前と同様に食事ができたり、普段通りに歯を磨くことができたりするというのはもちろんメリットといえるでしょうが、飲食時はマウスピースを外さなければなりません。また、食後の歯磨きやマウスピースの洗浄もしなければならず、意外に面倒だという声も少なくないといいます。また、矯正する本人が真面目に取り組まないと、なかなか矯正が進まずに治療が長引く恐れがあります。