レーザー治療

ある男性は、長年放っておいたむし歯に悩まされていました。痛いのが苦手だと話す彼は、レーザーで前歯のむし歯を治療しようと、ある歯科医院を訪れました。

彼の担当医は、むし歯治療が痛いというイメージは過去の話で、レーザー治療であれば削られている感覚なく治療していくことが可能だといいます。これにより、患者だけでなく歯科医師もストレスを感じることが少なくなったそうです。

歯科医療で用いられているレーザーは1種類ではありません。その中でもむし歯治療のメインとなっているレーザーがあります。レーザーを当てると、その部分のエナメル質や象牙質が蒸散し、むし歯がきれいに取れるというもの。このレーザーはむし歯治療に効果があることが化学的にも証明されているそうで、厚生労働省から使用の人かも与えられているために場合によっては健康保険が適用できることもあるようです。

基本的には麻酔を使わずに治療が可能となっており、実際に治療が受けた人も全く痛みがなくて治療されている感覚がほとんどなかったと語っています。

レーザー治療のデメリットに治療時間の長さを挙げる人もいるようですが、たとえほかの器具を使用してとしても、丁寧に削れば同程度の時間がかかるという説も存在しています。

また、むし歯以外にも歯周病治療、歯ぐきや唇の色素沈着の改善に使われるレーザーもあるといいます。今では、むし歯治療の一割程度がレーザー治療となっている歯科医院も少なくありません。