最先端のむし歯治療

世界の中でも歯科医療が進んでいるといわれているスウェーデンには、削らずに、痛みなしでむし歯の治療ができる薬剤があります。そして、この薬剤は日本でも認可され、多くの歯科医院で活用されているそうです。

この薬剤には次亜塩素酸ナトリウムやL-グルタミン酸などが配合されていて、むし歯に侵された象牙質だけを選択的に溶かすことが特長のようです。ある歯科医院長は、この薬剤を使えば歯を大きく削ることがなくなり、そのため痛みがなく麻酔なしでも治療が可能だと語ります。

では、具体的にどのように治療するのでしょうか?まずは歯の表面の硬いエナメル質を少しだけ削ります。象牙質が見えたら薬剤を塗布し、30秒間そのまま待ちます。そうすると薬剤が浸透していき、むし歯の部分が柔らかくなるといいます。その後、専用の器具で書き出していき、最後に、むし歯に反応する検知液でむし歯の除去ができているか確認します。終わったら消毒してコンポジットレジンを詰めるという流れです。

1本(シリンジ)で小さいむし歯約10本分の薬が入っていますが、使い回しはできないため一人1シリンジが原則です。

通常のむし歯治療より費用が高くなる傾向があるものの、削るときの痛みや麻酔に悩まされている人にはおすすめの治療法だといえるでしょう。

ただし、この薬剤で治療できるのは、むし歯が象牙質にとどまっているC2までだそうです。歯間のむし歯は場所によっては治療が困難なケースもありますので、歯科医に確認したほうがよいでしょう。