歯科医の見つけ方

歯科医を見つける時に参考になるのが「認定医」や「専門医」といった資格です。医科と同様に歯科にも、歯周病や小児歯科、矯正、インプラントなどの専門分野に分かれて学会が存在します。それらの学会が独自に「認定医」「専門医」「指導医」などの制度を運用しているそうです。

数ある資格の中には厚生労働省から広告できる資格名として認められているものがあります。それは「口腔外科専門医」「歯周病専門医」「歯科麻酔専門医」「小児歯科専門医」ですこれらの資格を取得するには、決まった期間の研修や試験に合格する必要があります。したがって認定医や専門医の資格を持っている歯科医は、専門学会に所属して研修に励み、一定の基準を満たしているということになります。こうした歯科医であれば、歯学部卒業後も引き続き学び続けている熱心な歯科医と推測され、歯科医を選ぶ基準の一つに採用しても良いでしょう。

ただし、専門医でなければ良い歯科医ではないということではなく、反対に認定医や専門医の資格を持っていれば必ず腕の良い歯科医と断定することもできません。あくまで目安の一つです。

なぜなら、学会の中には経験症例の報告書を提出させるだけで、実技試験がないところもあるらしいからです。知識や経験があるだけで、腕のいい歯科医と判断することはやめたほうが良さそうです。また、認定医や専門医の基準を甘くして、資格のほしい歯科医を集める手段につかっているという意見もあり、それに反発してあえて資格をとらない歯科医もいるといいます。