歯科医院の増加

今や、歯科医院はコンビニよりも多いといわれています。その一方で、歯科医療費の総額は長い間、横ばいの状態が続いています。これが何を意味するかというと、歯科医一人あたりの収入が減り、過当競争が起こっているということです。この状況は、特に歯科医院が多い都市部で多く見られるそうです。

歯科医が増えれば、競争原理が働いて歯科医療の質の向上につながりますが、その半面、収入を増やそうと過剰に診療したり、コストカットのために安全対策や衛生対策が不十分になってしまったりすることが懸念されます。現実に、保険診療より多く利益を得られる自由診療に力を入れる歯科医院が増加しているといわれています。

そんな中、歯科医師養成数の調整が話し合われていますが、患者側も宣伝や外観だけで判断せず、実際にどのような診療をしているのかを見極める目を養うことが必要なのかもしれません。歯科医療の「質」を公平に比較する指標はないため、都会と地方で医療の質に格差があるのかどうかは、はっきりしたことは判断できないでしょう。

しかし、歯科医の数だけで考えれば、都会の方に分があるといえます。地方よりも東京都の方が一人あたりの歯科医の数が圧倒的に多く、地方には歯科医師の過疎地域と呼ばれるところもあるそうです。

数が少ない=質が低いというわけではありませんが、競争相手がいないために新しい医療が導入されにくいということはいえるかもしれません。こうした格差を是正するためには、国を挙げての政策が望まれます。