矯正専門の医師

成長期で下あごが横にずれている人は、成長するにしたがって、よりズレが大きくなり、それにともなって上下歯並びのセンターのズレが大きくなっていくことがあります。この場合では、開始時の年齢が12歳で永久歯がはえ捕っていた(乳歯が混ざっている時期だと、判断も難しくなります)こと、顔の骨格の特徴が成長とともに さらにずれるタイプではなかったこと、家族に左右のズレのある人がいないことなどが十分検討されました。その結果、将来、これ以上、下あごが横方向にずれることはないと予測されました。ここまで慎重に検討してから、治療目標と治療計画をたてて、矯正を開始するのが、矯正専門の医師なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です