動的治療

どんな装置を使っても、どんなに技術が優れていても、この生体反応はかわりません。

装置や技術によって治療期聞が大幅に短縮することはありません。一般的に歯を抜く治療で二、三年、歯を抜かない場合は一、三年の治療期間が必要です。ケースによって多少ズレはありますが、極端に短い治療、逆に長い治療は理由を医師に尋ねてみましょう。目標とする歯並びとかみ合わせ、そして口元になったら、いよいよ矯正装置を除去するときです。けれども動かした歯はまだまだ不安定な状態。そこで、動かした期間と同じだけの期間という矯正した歯の状態をとどめておく治療が必要になります。これに対しそれまで歯を動かしていた時期の治療を動的治療といいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です